インテリアと暮らしのコラム

ホーム > インテリアと暮らしのコラム > 和風収納ボックスで作る、リビング収納とちょっとした畳(タタミ)の空間

Close Up

和風収納ボックスで作る、リビング収納とちょっとした畳(タタミ)の空間

和風収納ボックスで作る、リビング収納とちょっとした畳(タタミ)の空間

和室への想いとライフスタイル

 和室はなくてもいい、でも畳は欲しい。
 リビングはフローリングがいいけれど、畳でごろ寝もしたい――。
 近年、そんなニーズが増えているようです。

 少し古い調査なのですが、「住まいに和室は必要ですか?」という質問をしたところ、マンションでは「必要」が 46%、「不要」が 29%なのに対し、戸建では「必要」が 57%、「不要」が 18% と、回答にそれぞれ 10%程度の違いがありました。和室のニーズは戸建の方がやや強い傾向のようです。(*1)
 では実態は……というと、「和室はありますか?」という別の調査では、「和室がある」という回答が93%となっていました。和室自体を作るニーズは根強いものの、実際の和室の導入率に比べると、ひと部屋全部を和室にするというニーズは、下がってきているように見えます。(*2)

 その意向を示すように、あるホームビルダーの行った調査では、和室・畳コーナーのある間取りは、2009年:62%、2016年:71%と増加傾向にあります。(*3)
 その一方で、2009年には6帖以上の和室が47%あったにも関わらず、2016年にはわずか8%と、和室そのものを作る傾向は、急激に減少してきているようです。(*3)
 実際、皆さんのおうちには和室があるでしょうか? 少なくとも、リビングは洋室という家がほとんどなのではないでしょうか。
 「リビングで、畳でごろ寝」の夢は、年々遠くなってきてしまっているようです。

和風収納ボックス「畳座収納」でリビングの空間演出を!

和風収納ボックスで作る、リビング収納とちょっとした畳(タタミ)の空間  和室が欲しいとおっしゃる方にそのわけを尋ねる調査では、「畳の温もりが好きだから」や、「フローリングと違って、座ったり寝転がったりしたりできるのが良い」などの理由が多かったようです。
 これは、日本人に馴染みの深い、床に暮らす「床座(ゆかざ)」という生活スタイルが、いまでも私たちの中に根付いているからでしょう。
 やっぱり、「家に帰ってきたら、ちょっと、ごろ寝」には、魅力を感じてしまうのですね。

 最近、当社だけでなく、同業のインテリアメーカーに聞いても、畳を使った収納ボックスが売れているということをよく耳にするようになりました。
 「畳座収納」は、ちょっとした高さもあり、ダイニングチェアとして使用したり、畳の空間として使用したりもでき、自由に組み合わせて、新しい空間を演出することができます。

 例えば、リビングに、子供のための収納として設置し、その収納の上を小さな子が遊ぶ安全で清潔な空間にしたりするのはどうでしょうか?

 セキスイインテリアの和風収納ボックス「畳座収納」は、半畳と一畳のユニットがあり、ユニットの木材の色や畳表をバリエーションの中から選ぶことで、いろいろな組み合わせを作りだせます。


 あきらめかけた「リビングで、畳でごろ寝」の夢が、これで実現できそうです。


*1
社団法人 日本住宅建設産業協会
平成18年7月 「住宅に関するニーズについてのアンケート調査」(N=722)

*2
全国い生産団体連合会
平成19年3月「全国畳表展示会 畳表に関するアンケート」(N=433)

*3
株式会社アキュラホーム住生活研究所
2017年「2017年住宅傾向調査」(N=100)


「畳座収納」について詳しくはこちら

インテリアと暮らしのコラム

  1. Close Up
    1. 愛されつづけるイタリアン・モダンファニチュアブランド「アルフレックス」
    2. 上質なライフデザインが幅広い層に人気。英国生まれの「ザ・コンランショップ」
    3. 木を知り、木を愛するこだわり日本を代表する老舗「カリモク家具」
    4. 安眠のためのマットレス選びに、アレル物質対策を考える新常識。
    5. 両面オープン棚を賢く利用したルームディバイダーの新発想
    6. 家庭でできる赤外線・紫外線対策の注目株!!遮熱カーテン『TESORO(テゾーロ)』の高機能性
    7. 「遮熱」と「断熱」の違いを知ればわかる!窓辺は内側の遮熱対策がポイント。
    8. 冬の時期こそ油断大敵!ハウスダストによる通年性アレル物質対策
    9. ダニ・ハウスダストに過敏な子どもが急増!? 深刻化する子どもへの影響
    10. 和風収納ボックスで作る、リビング収納とちょっとした畳(タタミ)の空間
  1. Designer’s Selection
    1. デザイナーが選ぶ インテリアアイテム vol.1
    2. デザイナーが選ぶ インテリアアイテム vol.2
    3. 『玄関ベンチ』の演出で、心を満たす“リュクス”な住まいづくり
  1. Point&Advice
    1. たくさんの本と上手に暮らす
    2. 住まいの中の「収納」という大きなテーマ
    3. 将来を見据えた建築設計に、“未来ゾーニング”の考え方
    4. “セルフゾーニング”で叶える10年後の快適な住まいプラン
    5. 可動間仕切り+収納のW機能が鍵!快適な住まいのリノベーション計画。
  1. Season Letter
    1. Spring has come!
    2. 壁からインテリアを変えてみる
    3. 気持ちのよいデコレーションで、夏を涼しく過ごす
    4. 夏色のファブリックで、涼感を呼ぶ心地よい空間を演出
    5. 美しい空間を訪ねて歩く 鎌倉
    6. ナチュラルでモダンな上質の住まい。 和×北欧の感性が生きるインテリア。
    7. お気に入りの本やCDを飾るように、美しく収納してみては…
    8. 花で迎える新しい年
    9. 花粉、ダニのフンや死がい、ハウスダストなどのアレル物質を低減して、室内環境をもっと快適に。
    10. 眠りを楽しむインテリア ここちよい、 良質な眠りのために
    11. ひとクラス上のリビングへ
リフォームについてのお問い合わせはこちら
セキスイデザインワークス WEB SHOP

ページ先頭へ戻る

Facebook

Copyright (C) Sekisui Design Works. All Rights Reserved.