COLUMインテリアと暮らしのコラム

夏色のファブリックで、涼感を呼ぶ心地よい空間を演出

2014/06/30

夏色のファブリックで、涼感を呼ぶ心地よい空間を演出

夏を快適に過ごすために手軽にできる、インテリアデコレーションの演出としては、カーテンやクッションなどのファブリックの衣替えがおすすめ。爽やかな夏色のブルーやグリーンを取入れるだけでも、ずいぶん涼しく感じるものです。人間工学の面でも寒色を使った部屋の方が室温よりも涼しく感じる効果があるのだとか。季節感が少なくなりがちな暮らしに豊かな彩りをプラスすることにもなり、気分転換にも役立ちます。

夏のポジティブな過ごし方はアイデア次第

夏の暮し方として、ウッドデッキやテラスでのアウトドアリビング的なスタイルはお洒落で気持ちいいですが、室内でもアウトドア感覚のコンサバトリースペースをつくり、季節の演出を愉しむことができます。インテリアをうまく工夫して、目から取り入れる涼しさを実践しませんか?

PLUS IDEA サラッとした肌触り、ひんやりした素材感で夏を愉しむ。

PLUS IDEA サラッとした肌触り、ひんやりした素材感で夏を愉しむ。

夏を心地よく過ごす工夫は、色ばかりではなく、素材選びもあります。竹や籐の敷物、ラタンのチェアなどはサラッとした肌触り、ひんやりした涼感があり、心地のよいものです。風の通る部屋で、キリリと冷えたハーブティでもあれば、うだる暑さもこころ涼しげに…。
特に竹素材は、夏涼しく、冬暖かい素材として定評があり、フローリング材としても最近人気があります。また、竹は成長が早いため、エコ素材として見直されているのです。
布素材としてはコットンや麻などもおすすめ。透け感のある薄手の素材をインテリアファブリックに使えば、とても爽やかな印象に。

→今回ご紹介した商品についてのお問い合わせはこちらから

RELATED ARTICLES関連記事