COLUMインテリアと暮らしのコラム

花で迎える新しい年

2014/12/19

花で迎える新しい年

1年の間にたまった雑多なものを整理し、ほこりを払ったら、清々しくなった部屋の中に、新しい年を迎えるしつらえをしましょう。おめでたい気持ちを赤という色に託して飾る花の提案です。

大らかな花はリビングルームに。

花屋さんの花を見ても、どんな風に花を選んだらいいかわからない、という人は多いのではないでしょうか? 上達への道は、なんといっても慣れること。何度も挑戦していくうちに、自分が扱いやすい花や、好きな種類、それぞれの花の持ち味がわかってくるでしょう。
例えばお正月は、青々とした松をメインにして。そこに白い花を添えれば清々しい雰囲気に、赤を組み合わせれば、華やかでおめでたいイメージになります。季節の花を飾る第一歩を、お正月から始めましょう。

小さな花は、気持ちを託すスパイス役。

小さな花は、気持ちを託すスパイス役。

小さなお膳はサイドテーブルとして、洋風のリビングルームでも活用できるすぐれもの。
そんなお膳に小さな花を活けました。
花器にしたのは小鹿田(おんた)焼きという九州の焼きものでつくられたぐい呑み。吸水性のスポンジを小さくカットしてぐい呑みに入れ、ピンポン菊とボケの小枝を差しました。
細い枝をあしらうだけで、和のニュアンスが生まれます。小さな花にも、もてなしの心が宿ります。

和のしつらえの似合うリフォーム

ここで、おおぶりな花器や和の花々の似合う、和風なリフォームをご紹介。
「茶室」を持つマンションの部屋や、アンティークな家具を活かした古民家をイメージしたリビングルーム実際の古民家をモダンに生まれ変わらせた家など。クラシックとモダンの融合したデザインは、落ち着きとやすらぎを感じさせてくれます。

→今回ご紹介した商品についてのお問い合わせはこちらから

RELATED ARTICLES関連記事