COLUMインテリアと暮らしのコラム

ダニ・ハウスダストに過敏な子どもが急増!? 深刻化する子どもへの影響

2017/03/31

ダニ・ハウスダストに過敏な子どもが急増!? 深刻化する子どもへの影響

国民の2人に1人が何らかのアレル物質に悩んでいる(*1)近年、突然の症状からアレル物質検査を受けることも珍しくないほど、身近な問題になりました。今、特に子どもへの影響が深刻化しています。
(*1 厚生労働省「アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針」 参照)

アレル物質といえば真っ先に春先などの季節性の花粉を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ダニのフンや死がいなどを含むハウスダストもアレル物質の原因となり、年間を通して存在します。気密性の高い住環境や生活習慣、ペットなどはそれらが増加する一因となり、子どもたちが室内で過ごす時間が増えている今、家庭での対策が無視できない状況にあります。

ハウスダストにも含まれている?ダニアレル物質対策の重要性

日本人が関与する割合が最も高いといわれている「ダニ」。
ダニは高温多湿を好み、人間のフケや食べかすやペットの毛、剥がれ落ちた皮膚などをエサとして夏に多く繁殖します。ダニが成長過程で繰り返す脱皮の抜けがら、1匹あたり200~500個と言われるフン、死がい、これらがすべてアレル物質の原因となります。乾燥する時季など、ダニの死がいの手足が取れたり体が粉砕されて細かな粉末状になると、室内を漂い続けるハウスダストとなって、カビやホコリなどと一緒に定着して残存します。

ダニが好む条件が整っている場所…そのひとつは、『寝具』です。
布団、ベット、枕には数十万~数百万匹のダニがいるといわれています。

アレル物質を低減する 注目の『アレルバスター』技術

アレル物質を低減する 注目の『アレルバスター』技術

寝具やラグなどのファブリックには、日干しや乾燥機にかけ熱処理したり、防ダニスプレーなどを吹きかけてダニを寄せつけない対策がありますが、最近では防ダニをキーワードにした様々なアイテムが開発されています。

防ダニだけではなく、花粉やダニのフンや死がいを含めたハウスダストそのものを分子レベルで包み込み、アレル物質を低減する。そんな画期的な対策を可能にしたのが、注目されている積水化学工業が開発した『アレルバスター』です。

[その高い技術力とは…]
アレルバスター』は、高分子ポリマーが花粉、ダニのフンや死がい、ハウスダストなどのアレル物質の周りを包み込み(コーティング)、その活動自体を低減します。

[その優れた効果とは…]
特殊な検査の結果、『アレルバスター』処理を施すことよって、ダニアレル物質に関しては99%を低減(※当社実証実験済)、また、花粉アレル物質に関しては90%を低減(※当社実証実験済)することを実証。
ダニを寄せ付けず繁殖を防ぐのではなく、ダニが死んだ後にもアレル物質の原因となるダニのフンや死がいを、アレル物質そのものの働きを低減するというのが非常に鋭い着眼点なのです。

[その頼もしい特性とは…]
アレルバスター』の構成成分であるポリマーは口に入れても無害な安全性が保証されています。
いやな臭いもなく、日本アトピー協会からも認められた、皮膚に触れても安心な、人体にやさしい製品です。(※日本アトピー協会推薦品承認番号S510400A)
また、『アレルバスター』は水に溶けることなく、洗濯しても効果を持続。
その特性により、インテリアのほか、家電用フィルターや掃除用具、衣類など多様なジャンルのさまざまな製品に応用されています。

家庭で手軽に取り入れられるアレル物質対策『アレルバスター』

年々、深刻化している子どもへの影響。
子供たちが明るく健やかに過ごす毎日のために、家庭で取り組める気軽な対策は、掃除の徹底だけでなく、年間を通じて存在しているダニのフンや死がいやハウスダストを視野に入れたアレル物質対策をすることが重要であることがわかりました。

注目の『アレルバスター』加工された製品は、ご家庭で手軽に取り入れられるアレル物質対策のキーアイテムといえそうです。

Literie EXTRA CLEAN (リテリーエクストラクリーン)

アレル物質を低減する アレルバスター

→今回ご紹介した商品についてのお問い合わせはこちらから

RELATED ARTICLES関連記事